COMPANY

ビジョン

HOME>COMPANY>ビジョン
CEO MESSAGE

Society5.0ニーズに応える
企業を目指して

ダイナミックマップ基盤株式会社は2016年の創業以来、オールジャパン体制で自動走行用地図に関する国内の知見・技術を結集して「高精度3次元地図データ(HDマップ)」の整備に注力してまいりました。

2019年3月末に国内の高速道路・自動車専用道の地図データ整備を完遂し、7月には当社が整備した地図データが搭載された量産車が発売されました。当社の「高精度3次元地図データ(HDマップ)」による自動走行時代の幕が開けました。 また、2019年4月に当社同様の「cm級の絶対精度」および「相対精度測位技術」を用いて北米の道路地図データ整備に大きな実績をもつ米Ushr社をグループとして統合いたしました。DMPグループの「高精度3次元地図データ(HDマップ)」を今後の世界標準として、グローバルな展開を進めています。

これからも進化しつづける「高精度3次元データ」の利活用は、一般道での自動走行や先進運転支援システムへの展開はもちろん、地域社会課題解決のためのMaaS(Mobility as a Service)展開へと広がると想定しています。 さらには、防災・減災システム、インフラ維持管理システム等自動走行以外の用途を拡大し、多様化するニーズに応えることによって安心/安全で快適な社会の実現に貢献する所存です。

代表取締役社長稲畑 廣行

代表取締役社長稲畑 廣行 写真

VISION

ダイナミックマップ基盤株式会社の
中長期ビジョン

「Society5.0」に貢献する
3次元位置情報基盤の実現を目指す

当社が整備する「高精度3次元データ」は、自動走行や先進運転支援システムのみならず、インフラ維持管理システムや防災・減災システムに活用できるものにしてまいります。
これによって、Society5.0に貢献する3次元位置情報基盤を実現することが可能になると考えています。
ダイナミックマップ基盤株式会社の中長期ビジョン概念図

Society5.0とは

-第5期科学技術基本計画
(平成28年1月22日閣議決定)より抜粋ー

ICTを最大限に活用し、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実世界)とを融合させた取組により、人々に豊かさをもたらす「超スマート社会」を未来社会の姿として共有。その実現に向けた一連の取組を更に深化させつつ、世界に先駆けて超スマート社会を実現すること。

狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続くような新たな社会を生み出す変革を、科学技術イノベーションが先導していくという意味が込められています。

参考:内閣府 Society5.0