SERVICE提供サービス / 現在の整備状況

国内では、全国高速道路・自動車専用道29,205Kmのイニシャル整備を完了(2019年3月末)し、有償提供しています。
新規延伸、及び道路変更などに対応すべく、更新データ整備も開始しています。
一般道に関しては、人口密集地域から整備を開始することを想定しています。

全国高速道路・自動車専用道

全国高速道路・自動車専用道 29,205km(リンク長)のイニシャル整備を完了しました。2019年3月末より有償提供中です。国内外のOEMにて、高精度ナビ・ADAS・自動走行の分野で利用されています。(地図会社経由で提供)
イニシャル整備開始以降に開通した高速道路、自動車専用道も整備を開始、2019年9月末にデータ提供予定です。(2019年3月末までに開通した高速道路)今後の新規延伸、道路更新に関しては、更新データとして提供予定です。

全国高速道路・自動車専用道
  • 商品データ(ベクトル+出典)
    商品データ(ベクトル+出典)
  • 大橋JCT高精度基盤地図
    大橋JCT高精度基盤地図
  • 大橋JCT高精度基盤地図 + 点群
    大橋JCT高精度基盤地図 + 点群

一般道

一般道は人口密集地域など地域性なども考慮した上で整備を開始することを想定しています。省庁・自治体・民間企業のデータを利活用することで整備費用を抑制することでユーザーの負担額の低減を企画しています。
2020年4月からの事業化に向けて、サンプルデータの作成を検討しています。各自治体の実証実験へサンプルデータを提供し、MaaSサービス実現に向けた協業しています。

一般道

海外

2017年10月シリコンバレーにて実証データを取得し、日本で培った手法によりHDマップを作成しました。
日本より車線数が多い条件においても、国内で生成したデータと同等の精度を確保できることを確認できました。

  • 点群データと作成したベクトルデータ
    点群データと作成したベクトルデータ
  • 海外の実証実験走行ルート(オレンジライン部分)
    海外の実証実験走行ルート
    (オレンジライン部分)