NEWS

世界初、自動運転レベル3を実現する「Honda SENSING Elite」を搭載した「LEGEND」に「高精度3次元地図データ(HDマップ)」を採用

2021.03.10ニュースリリース
HOME>NEWS>世界初、自動運転レベル3を実現する「Honda SENSING Elite」を搭載した「LEGEND」に「高精度3次元地図データ(HDマップ)」を採用

ダイナミックマップ基盤株式会社(代表取締役社長:稲畑廣行 以下、当社)の『高精度3次元地図データ(HDマップ)』が、この度、株式会社ゼンリン(代表取締役社長:髙山善司)を通じて本田技研工業株式会社(代表取締役社長:八郷隆弘 以下、Honda)の世界初、自動運転レベル3(※1)を実現する「Honda SENSING Elite」を搭載した車種「LEGEND(レジェンド)」に採用されました。

今後も当社は、高度なモビリティ社会の到来を見据えて研究開発・用途開発を進め、正確で利用価値の高い地図情報、位置情報を自動運転向け・先進運転支援システム(ADAS)向けに整備・提供することで、事故を軽減する安全・安心な交通社会の実現と自動運転業界の技術や発展に貢献して参ります。

■高精度3次元地図データ(HDマップ)の概要

当社の『高精度3次元地図データ(HDマップ)』は、道路標識や車線情報などの高精度な3次元情報を収録しています。この地図データを車両に搭載したカメラ、センサー等と組み合わせて使用することで、車両の周囲360度の情報と道路上の正確な位置の把握が可能となります。

高精度3次元地図データ(HDマップ) イメージ

高精度3次元地図データ(HDマップ) イメージ

■「Honda SENSING Elite」とは

機能の詳細は、下記Hondaホームページを参照ください。

  • ※1 日本政府が定める自動運転の定義(SAEに準拠)。一定の条件下で、システムが周辺の交通状況を監視するとともに運転操作を代行。システムが使用可能な条件から外れる場合は、警報を発して直ちにドライバーに運転交代をすることが求められます。
  • ※記載されている社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。