NEWS

DMP、NEDOの助成事業に採択。

HDマップ整備のための効率化・低コスト化支援ツールの開発を推進

2019.10.28ニュースリリース
HOME>NEWS>DMP、NEDOの助成事業に採択。

ダイナミックマップ基盤株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:稲畑 廣行、以下「当社」)は、NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業総合開発機構)の助成事業である「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」に採択されました。同事業において、当社は自動走行用高精度3次元地図(HDマップ)を効率的かつ低コストで維持・更新するための支援ツールの開発に取り組みます。

HDマップを作成するためには、道路の高精度な3次元位置情報や路上の物体情報を取得・解析し、それらを自動運転システムが活用しやすい構造に統合する膨大なデータ処理が必要です。国内外で本格的なHDマップのデータを整備するにあたり、一層の効率化・低コスト化が求められています。

本事業では、安全・品質を確保した上で計測データを取得・解析・統合するためのシステム構築と、HDマップ製作のリードタイムおよびコスト削減に向けディープラーニングなどの最新技術を活用した新ツールの開発を行います。開発したシステムおよびツールは、すでに整備済みの高速道路・自動車専用道路データの維持・更新に使用し、その効果を検証します。さらに今後計画している国内外の一般道路・高速道路・自動車専用道路のHDマップ整備に展開し、自動走行やその他モビリティサービスの進展に貢献します。

具体的な開発内容は以下の通りです。

  1. 安全・品質を確保した上で計測データの取得・解析・統合を行うためのシステム開発
    • データの不正利用防止のためのセキュリティ機能
    • 小型で低価格なリアルタイムデータ収集機能(次期MMS※1技術開発)
    • 収集したデータの位置精度を所要の精度に変換する機能
    • HDマップの精度検証用グランドコントロールポイント(GCP)※2の設定機能
  2. 熟練技術者の経験値に頼る部分が大きいHDマップ製作過程におけるリードタイム・コスト削減を目的とした、ディープラーニングなどの最新技術を活用した半自動化・自動化ツールの開発
    • 道路変化差分特定機能
    • 点群データ自動接合機能
  • ※1 モービルマッピングシステム(MMS:Mobile Mapping System)
    カメラ、LiDAR(レーザー計測技術)、GPSなどで構成される移動体計測システムのこと。
  • ※2 グランドコントロールポイント(GCP:Ground Control Point)
    測量の精度を高めるために設置する基準点を指します。
HDマップ製作工程イメージ
  • ※最下段の黄文字部分が今回開発するシステム・ツール群となります。