2019.05.17ニュースリリース『高精度3次元地図データ(ダイナミックマップ協調領域)』が日産自動車 世界初 インテリジェント高速道路ルート走行「ProPILOT 2.0」に採用

ダイナミックマップ基盤株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:中島 務 以下、当社)の『高精度3次元地図データ(ダイナミックマップ協調領域※1)』 が、この度、株式会社ゼンリン(以下、ゼンリン)を通じて、日産自動車株式会社(以下、日産)の世界初 インテリジェント高速道路ルート走行「ProPILOT 2.0」に採用されました。

今後も当社は、整備している詳細な地図データを活用し、安全・安心な交通社会の実現と運転アシスト技術をはじめとする自動運転技術の発展への貢献を目指します。

  • ※1 ダイナミックマップとは、高精度3次元地図に、周辺車両の情報や交通情報といった、より動的な情報が付加されたリアルタイムに提供される地図であり、当社はダイナミックマップの概念の静的情報に位置づけられる、その基盤となる高品質な「高精度3次元位置情報」基盤(=協調領域)を提供しています。

■高精度3次元地図データ(ダイナミックマップ協調領域)の概要

当社の『高精度3次元地図データ(ダイナミックマップ協調領域)』は、路面情報や車線情報、3次元構造物などの高精度3次元地図であり、ゼンリンが競争領域を加えた形で日産に提供しております。この地図データを車両に搭載したカメラ、センサー等と組み合わせて使用することで、車両の周囲360度の情報と道路上の正確な位置の把握が可能となります。当社の高精度3次元地図データは更なる安全な交通社会の実現に貢献します。

■高精度3次元地図データのイメージ

当社の高精度3次元地図データにより、前方の細かな道路形状を事前に把握することができ、車両速度の制御やレーンごとの走行ルートの計画が可能となります。

高速道路JCTの整備イメージ
高速道路分岐の整備イメージ
高速道路JCTの整備イメージ 高速道路分岐の整備イメージ
  • ※記載されている社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

本件に関する問い合わせ

  • ダイナミックマップ基盤株式会社  管理部 渡邊、吉村  TEL.03-6459-3445